インプラントとは

失われた歯は二度と戻ってくることはありません。
ですが、失われてしまった歯と同様の第二の永久歯となってくれるのが「インプラント」になります。
インプラントがあれば、固い物でも噛むことが出来、入れ歯やブリッジなどに頼ることもありません。
天然の歯と大きく変わらないという点は非常に魅力的に映るのではないでしょうか。

インプラントの仕組みは簡単で、歯の変わりに顎の埋め込むことで歯を固定します。
人工の歯根を骨に埋め込むことによって、自分の歯と同様の役割を果たしていくことが可能になるのです。
インプラントの治療方法というのは、インプラントの種類によっても違いがあります。
今現在インプラントは100種類もの種類が存在しており、大きくタイプ別に種類を分類すると4つに分類されます。
スクリュータイプ、シリンダータイプ、バスケットタイプ、ブレードタイプです。
これらの4つにはそれぞれ特徴があり、自分に合っているタイプを選択されると良いでしょう。

基本的に今現在の主流のインプラントがスクリュータイプ、シリンダータイプになります。
スクリュータイプに関してはネジのような形をしており、噛む力を骨に一番伝えることが出来るというメリットがあります。
シリンダータイプに関しては2回法の治療が必要ですが、埋め込むことが簡単というのはメリットとしてあげられます。
インプラントの治療というのは決して安くはありません。
だからこそ、治療を受けた後の手入れは欠かさないようにしましょう。
基本的に自分の歯と同様に歯磨きなどの手入れは必要となります。


■外部リンク
最先端のインプラント治療を受けられる青山のインプラントクリニックです →→→ インプラント 青山

Copyright © 2014 インプラントの種類とお手入れ方法 All Rights Reserved.